MEって何?

1)MEって何ですか? 2)工学教育賞   3)公共工事に関する調査及び設計等の品質確保に資する技術者資格 (国土交通省)       4)職業実践力育成プログラム(BP)(文部科学省)   5)専門実践教育訓練給付金(厚生労働省)

1)MEって何ですか?

MEはメンテナンスエキスパート(Maintenance Expert)を略したものです。インフラ施設に対して適切な診断と処置をするために、岐阜大学では、文部科学省科学技術戦略推進費「地域再生人材創出拠点の形成プログラム」の支援を受け、「社会基盤メンテナンスエキスパート養成講座」を実施してきました。4週間の短期集中講座として開講しているすべての講義(1講義 90分 x 1日 4 コマ x 20 日 = 120 時間)を受講し、認定試験に合格したインフラ施設維持管理の高度専門技術者がMEです。 平成 25年度からは、岐阜大学大学院の履修証明プログラムとして実施します。

インフラ施設を安全に保つためには、日頃からの点検が不可欠ですが、 地域によって自然条件、社会条件は異なり、インフラ施設がもつ性質は 様々です。また、今後高齢化していくインフラ施設を健康に保つためには、 専門家だけでなく、地域の方々の協力が不可欠です。ME認定者の知識 や人的なネットワークである「MEの会」では、岐阜県内を 5つの地域部会に分けて、地域に根ざした活動を行っています。

2)工学教育賞

ME養成講座は工学教育賞を受賞しています。

 

3)公共工事に関する調査及び設計等の品質確保に資する技術者資格

民間事業者等が付与する「技術者資格」を国土交通省が登録し、社会資本に関する調査・設計等の発注業務で活用する取り 組みであり、国及び地方公共団体の業務発注に際し、資格保有者が活用されます。岐阜大学の社会基盤メンテナンスエキスパート (ME)は、以下の6つの区分に登録されました。

 ●橋梁(鋼橋)の点検  ●橋梁(コンクリート橋)の点検  ●トンネルの点検
 ●橋梁(鋼橋)の診断  ●橋梁(コンクリート橋)の診断  ●トンネルの診断

 

 4)職業実践力育成プログラム(BP)

大学等における社会人や企業等のニーズに応じた実践的・専門的なプログラムを文部科学大臣が認定し、受講を通じた社会人の職業に必要な能力の向上を図る機会の拡大を目的としています。

岐阜大学の取り組みはこちらをご覧ください。

 

5)専門実践教育訓練給付金

労働者の中長期的なキャリア形成に資するための専門的かつ実践的な教育訓練として専門実践教育訓練の指定を受けた講座受講の支援策です。 文部科学省の「職業実践力育成プログラム」(BP)および厚生労働省の専門実践教育訓練の受講に関する支援は、省庁を横断した就業者支援であり、近年減少している建設関連就業者の増加に資する制度です。これを活用することで、岐阜大学は地域の活性化に貢献します。